ネット上でも個人情報保護は必要不可欠|Pマークの利用

取得と活用について

個人情報とPマーク

businessman

今日においては、企業にとって個人情報の取り扱いは最重要なものとなっている。企業が様々な活動の中で収集した個人情報が外部へ漏えいした場合、社会的な大問題となり、企業の信頼失墜および廃業に繋がる可能性もある状況となっている。 そのような状況の中、個人情報の取り扱いについて適切に扱う業者であることを対外的に示すことが重要になっている。その方法の1つとしてあるのが、Pマークの取得である。Pマークは、プライバシーマークのことで、Pマークを取得することで、個人情報の取り扱いについて厳格に行われているということを示すことができる。 企業にとっては、Pマークを取得し掲示することで利用者に安心感を与え、営業活動を行いやすくできるということがある。

コンサル会社の活用

Pマークの取得には、Pマークを発行している社団法人に申請を行い、審査を通過する必要がある。 申請を行うと、書類などによる審査やまた実際の企業内においてどのように個人情報が取り扱われているかの現地審査なども行われる。これらの申請書類の作成や審査を通過するためには、様々な手続きや企業内部の制度の周知など活動を行う必要がある。 そのような際に、企業単独で行うことが困難な場合もある。そこで有用となるのが、コンサル会社の活用がある。最近ではPマークの認知度の高まりや、取得の重要性から取得を支援するコンサル会社も多くなっている。コンサル会社では、他社での取得経験などを活用しながら、専門のコンサル担当者が取得に向け支援を行ってもらうことができる。